《セミナー》

スライド26.jpg

弊社メンバが提供している講演・セミナーは以下の通りです。セミナーを通じて信頼を深め、コンサルティングなどに繋げていくことができるとよいと考えています。

見積り手法(ソフトウェア要件からの見積り算出)

経験と勘によるソフトウェア開発プロジェクトの見積りは、ユーザ、発注者、経営者などさまざまな関係者を納得させる説明が難しいのではないでしょうか。ファンクションポイント法は、システムの外部から見た機能要件に基づいて規模を計測する手法です。計測結果であるファンクションポイントとプロジェクト実績データや公知のデータを組み合わせて、従来よりも関係者に説明しやすい見積りを作る方法を解説します。また、工数と開発期間の見積り手法として名前は広く知られているものの、詳細を知る人はあまりいないCOCOMOについても学習します。

ずっと受けたかったソフトウェア設計の授業

ソフトウェア開発の現場では常に隙のない正しい意思決定が求められます。組織的にソフトウェアを開発していくためには、正しい仕様化、適切な構造化、最適なモジュール化が要求されます。設計の基本をしっかりと身につけるための実践コースです。ソフトウェアの機能や振る舞いの仕様化の方法を、複合設計法、モジュールの独立度の基準、ジャクソン法など概観して解説します。演習を通じて具体的な技法を体験して、主要概念を身につけることができます。

ソフトウェア経済論

ITやソフトウェアは、「もの」とは異なる本質的な難しさがあります。その基礎理論、原理、経済理論上の特質について概観し、この領域の考え方、分析の方法を習得することを目的としています。ソフトウェアが数学や論理に立脚した知識集約の領域であることを明確にし、かつ、ビジネス上の取引きや経済活動の仕組みについて、技術と産業インパクトとの関連について概観します。ソフトウェアに関する費用、価格、価値について、見積り分析や予測技法、マネジメントの方法についても解説します。